VAPE リキッド(CRFT 編)

2015/08/07

by スチームドリーム

CRFT(クラフト)

 

 

「CRFT.ORIGINAL」クラフト/オリジナル

 

11024775_693328587461524_5784135613442851031_o

 

 

クラフトのオリジナルラインは4種。

 

Trail Mix(トレイルミックス)

Strawberry Blonde(ストロベリーブロンド)

Lime Cola(ライムコーラ)

Gravel Pit(グラベルピット)

 

 

 

「CTFT.BLCK」クラフト/ブラック

 

11046521_673018176159232_2707915951596469224_n

 

クラフトのもう一つのラインで上質な再現性にこだわった感じがあり、オリジナルとは別ラインとして区別されています。値段もオリジナルラインより少し高くなります。クラフト・ブラックは3種。

 

Tabacco D’oro(タバコドーロ)

Rosso(ロッソ)

Citron(シトロン)

 

 

 

メーカーがグレードの高い材料と品質を厳選していると謳うように、少量生産から作られるフレーバーは再現性も良く、ブランド名の通りクラフト性の高いリキッドです。

オリジナルラインでのメーカーの売り上げではStrawberry BlondeとLime Colaが人気のようです。Suicide BunnyのMother’s Milk(マザーズミルク)なんかもそうですが、ストロベリー味はどこでも人気ですね。ただやはりメーカーやフレーバーによって同じストロベリー味でも異なります。CRFTのストロベリーはよりナチュラルな印象があります。

 

 

 

11149194_696853347109048_7050871720617561464_o

 

 

 

(ボトルとキャップ)

ボトルはガラス瓶のような見た目ですが、プラスチックですので持ち運びは便利ですが、リキッドにドロッパー(スポイト)が付属していませんので、リキッドを初めて買う方やスポイトを持っていないと不便です。スポイトがない分、ボトルとキャップの間はシーリング(フタ)されており、品質にこだわりを感じます。

 

必要であれば専用のキャップが別であります。これがあればキャップの先を回してリキッドを出したり、閉めたり、流量の調節ができる便利なものですが、完全に漏れないという構造ではないので持ち運びには少し注意が必要です。

既に吸い終えたリキッドのスポイトを使うからいいよ、という方やシリンジをお持ちの方であれば必要ありません。

 

 

 

そんなCRFTの普段見れない製造工程を。

瓶にリキッドを詰めています。何かロボットを生産しているような写真です。

因みにこのマシーンは「ロジャー」という名前がついています。

 

 

11694947_698884936905889_5618594072686557282_n

 

 

 

「ロジャー」に出てきた次はキャップを取り付けるてフタをするマシーンへ。

 

 

 

11754380_699404090187307_8412697837347377456_o

 

 

混雑したバス停か電車の駅のようです。

「きちんと整列してください!」

 

 

11802542_700986116695771_4739069387277446967_o

 

 

整列しました。

 

 

11813350_703365076457875_8034272004951132096_n

 

 

出来上がり。

 

 

11855896_706048216189561_5917236761105625637_n

 

 

製造工程と呼べるような説明でもありませんが。。

画像がきれいだったので。

 

 

 

 

 

おまけ。

 

11834672_708049762656073_6131857229037498457_o

 

 

では。

INSTAGRAM

TWITTER

FACEBOOK