【Vape(電子タバコ)初心者必見】Vape(電子タバコ)のリキッド/フレーバーを選ぶ2つの方法

2015/07/06

by スチームドリーム

Steam Dream Vapors

皆さんVape(電子タバコ)ライフを満喫していますか?

 

Vape(電子タバコ)を始めた方が驚かれるのが、そのリキッド・フレーバーの種類です。よく考えてみると、タバコだってあれだけの銘柄があるわけですから、たくさんの種類があるのは意外ではないとも言えます。でも、最初に選ぼうと思うとどうしていいか分からなくなる方も多いのではないでしょうか。

リキッド・フレーバーを選ぶ方法は大きく分けると2つあります。一つめは簡単です。そのままズバリ『味で選ぶ』です。

そして、もう一つは『アトマイザー(コイル)で選ぶ』です。

 

<味で選ぶ>

 

Vape(電子タバコ)のリキッド・フレーバーの種類は非常に豊富です。

大きくカテゴリを分けるだけでも下記のようになります。

 

スイーツ系

ドリンク系

フルーツ系

メンソール系

タバコ系

 

これがさらに細かく分かれるので、種類は本当に豊富です。

一概には言えませんが、単体の香りがついたリキッド・フレーバーの方が味が出やすくて楽しみやすいように思います。ただずっと味わっていると、飽きてしまうことがあります。

複数の香りがブレンドされたリキッド・フレーバーの場合は、微妙な違いや香のバランスを楽しんでいただくことができます。しばらく時間を空けて味わうと、違う発見があったり、長く楽しむことができます。

 

勿論、シンプルでも奥深いリキッド・フレーバーもありますので、あくまで目安程度の話です。

 

なので、初心者の方はシンプルなリキッド・フレーバーを試して、気に入った系統があれば、少し複雑なものに挑戦していくのが良いのではないでしょうか。

シンプルなリキッド・フレーバーの方が安い傾向があるので、そういう意味でもお勧めです。

 

<アトマイザーで選ぶ>

そもそもアトマイザーとは何かというと、Vape(電子タバコ)のパーツのうち、リキッド・フレーバーを入れる部分をアトマイザーと言います。タンク式でコイルを交換できるのものから、自分でコイルを作るRDA、RTAなどと呼ばれる上級者向けのものまで様々です。

タンクにリキッド・フレーバーをいれて、コイルで温めて気化することで、私たちはその香りを味わうことができるのです。

Vape(電子タバコ)のリキッド・フレーバーは、Vape(電子タバコ)のアトマイザーによって味が変わります。正しくは、アトマイザー(コイル)の種類や形状、温度などによって味の出方や味わいに変化があるということです。

 

 

 

どのアトマイザー(コイル)にどのリキッド・フレーバーが合うのかを見極めるポイントの1つにPG/VGの比率があります。Steam Dream Vaporsではメーカーが公開しているリキッド・フレーバーについてはPG/VGを明記しています。

PG/VGが何かについては、説明が長くなるので別の機会にお話しさせていただきます。

 

例えば、現在のラインナップにもあるKanger Tech(カンガーテック社)のEVOD MEGAに使用されているコイルは、PGが高めのリキッド・フレーバーを楽しむことに向いています。当店のラインナップであれば、Rocket FuleやCRFTなんかがお勧めです。HALOはPG/VGは公表していないため経験則でしかありませんが、EVOD MEGAに向いているのではないでしょうか。

 

AspireのAtlantis platinum kitはPGが高いリキッド・フレーバーも、VGが高いものも、どちらも美味しく味わえます。強いて言えばミスト(蒸気)の量が多く出るのでVG高めの商品が向いていると言えるかもしれません。当店のラインナップなら、Breakfast at Teleosなんかもお勧めです。

 

いずれにしても、これがベストと言うことではなく、あくまで参考としてではありますが、蒸気の温度や量、そういった1つ1つでまた違った風味に感じるということがVape(電子タバコ)の面白いところだと思います。

 

INSTAGRAM

TWITTER

FACEBOOK