FAQよくあるご質問

Vape/電子タバコで禁煙できるって本当ですか?

by スチームドリーム

日本で販売されるe-juice/リキッドにはニコチンが含まれていません。そのためVape/電子タバコで禁煙をしようと思っても、ニコチンによる禁断症状を緩和することはできません。Vape/電子タバコを使って禁煙しようと思う場合、市販のニコチンパッチなどを利用することで、より禁煙しやすくなります。

また、e-juice/フレーバーにはタバコ味も存在しますが、実際にタバコと酷似しているかというとそうでもありません。喫煙者の方からすると、まったく違うもののに感じるかと思われます。代替品として考えた場合は、吸って煙を吐くという意味では、代替行為としては満足できますが、味はそういうわけにはいかないということです。

では、禁煙の役に立たないのかというとそうでもありません。

個人の経験では禁煙できました。私の場合はもともとがヘビースモーカーで、禁煙のためではなく興味でVape/電子タバコ始めました。吸い始めは、Vape/電子タバコとタバコの両方吸っていましたが、その面白さやフレーバーの美味しさを知る中で自然にタバコが減っていきました。現在ではVape/電子タバコは辞められませんが、タバコは全く吸っていません。

Vape/電子タバコの先進国である欧米をはじめ海外では多くの方が禁煙に成功していると聞きますが、海外では日本と違いニコチンを含んだe-juice/リキッドを購入することができます。ニコチンの濃いe-juice/リキッドから、徐々に薄くしていくことで最終的にニコチンが含まれないものにすることで、禁煙しているようです。

日本では欧米諸国のようなやり方が出来ないので、Vape/電子タバコを禁煙に活用するには、工夫が必要です。前述のニコチンパットや、市販の製品でニコチンの禁断症状を抑える必要があります。

禁煙とまではいきませんが、減煙に活用しているユーザーは多いようです。タバコの代わりにVape/電子タバコを吸って、どうしても我慢できない時はタバコも吸うというやり方です。Vape/電子タバコにはタール・ニコチンが含まれていないため、タバコと比べれば健康的ですので、そういったやり方で徐々に減らしていくだけでも、健康に良い影響があると言えます。

Vape/電子タバコを禁煙・減煙をキッカケに使い始めて、その魅力に気付いていただければ幸いです。