FAQよくあるご質問

Vape/電子タバコ 熱のトラブルシューティングまとめ 初心者向け

by スチームドリーム

熱についてのトラブルシューティングです。

 

Vape/電子タバコは大きく分けてアトマイザー(気化器の部分)とMOD(電池及び回路)部分の2つに分かれます。スイッチを押すことによって本体(MOD)にある電池からの電源がコンタクトピンを通ってアトマイザーに通電しコイルを熱して気化することになります。

 

>アトマイザー(気化器)が熱い

構造上、コイルを熱している以上、熱を持ちますので多少の熱をもつことはありますので基本的に問題ありません。ただ、長時間、連続での使用はアトマイザーに過剰な熱を持たせる原因になり、電池への負担もかかりますのでお控えください。

持ち運びの場合やカバンに入れる際など、誤ってスイッチを押して通電しないように電源を切るように心がけてください。

 

>ドリップチップが熱い

吸う際に加える部分であるドリップチップも金属である場合、アトマイザーの熱が伝わりますので多少の熱さは問題ありませんが、アトマイザー同様に過剰な熱が持つような使用は避け、熱い場合はしばらく冷えるまで使用をお控えください。

 

>本体が熱い

注意が必要です。

基本的にはアトマイザーの熱が本体にも多少は伝わる場合がありますし、携帯電話のように連続して使用していると電池自体が熱を持つ場合がありますが、熱い場合はアトマイザー(コイル)から伝わった熱以外の電池の異常、ショートなどの原因が考えられれ大変危険です。直ちにご使用をおやめください。

 

一般的な熱の問題を記しましたが、AtlantisキットのMOD及びEVOD MEGAではスイッチを押し続けても一定時間で切れるようオートオフ機能がついています。誤って電源が入らないよう5回押しで電源ON/OFFなどの安全機能もありますが持ち運びやカバンに入れる際などは誤ってスイッチを押して通電しないように電源を切るようにしてください。

 

AtlantisのキットのMOD(SubΩバッテリー)はカーボンを使用していますので熱を持ちにくくなっています。また、EVOD MEGAも含めてベントホール(空気孔)が開けられていますので多少の熱は外部へ放出するように作られています。更に、過剰な熱を防止するためのオートオフ機能やショート(短絡)した場合などでも電源が落ちるようになっていますので、初心者の方にも安心して安全にご使用いただけます。