FAQよくあるご質問

Vape/電子タバコ リビルダブル・アトマイザーとはなんですか?

by スチームドリーム

RBAとは

Rebuildable Atomizer(リビルダブル・アトマイザー)の略になります。

 

「リビルダブル」、再構築が可能なアトマイザーのことです。

 

一般的なコイル式のアトマイザーは煙(蒸気)が少なくなったり、味が悪くなってきたりするとコイルを交換しなければなりません。これは使用している間にコイル部分にガンクがついたりやコットンが焦げたりといったコイルの劣化によって起こりますが、このコイルやウィックと呼ばれるコットンを自分でセットする(再構築する)ことができるアトマイザーがRBAです。

 

その他にもRDAやRTAと呼ばれるものがあります。

 

RDA:Rebuildable driping Atomizer(リビルダブル・ドリッピング・アトマイザー)
RTA:Rebuildable Tank Atomizer(リビルダブル・タンク・アトマイザー)

 

これらは再構築できるRBA(リビルダブル・アトマイザー)をさらに細分化した呼び名で直接リキッドをアトマイザーのコットンにつけるものをRDAやドリッパーなどと呼ばれたりもしています。

RTAは同じく再構築が可能なもので、タンクを有するもののことをいいます。

 

こういったRBA、RDA、RTAなどと呼ばれるものは一般的なコイル交換式とは別の専用のアトマイザーが必要になります。カンタル線と呼ばれるコイルを巻く金属のワイヤーのようなものや、リキッド/フレーバーを保持、供給するためのウィック(コットン)が別で購入する必要になります。

 

こういったRBAはランニングコストが安くつく、味が美味しくなるなどメリットは大きい反面、初期費用(専用のRBA、カンタル等の線、コットン、それらを作るピンセットやドライバーなどの工具、抵抗値を測る抵抗器など)がかかります。

 

こういったRBAと呼ばれるアトマイザーの種類も色々ありますし、自分の好みの設定を探せる醍醐味がありますが、電池を使用してコイルを熱するというVape/電子タバコの特性上、誤った使用は非常に危険ですので、抵抗値の設定などは、それなりの知識も必要になります。