HOW TO FUNVapeの楽しみ方

 Vape(電子タバコ)とは、リキッドと呼ばれる液体をコイルの熱で霧状化し、その蒸気を吸い込み香りを楽しむための吸引機です。 電子タバコとは名乗っていますが、実際にはタバコと共通する点は口から白い気体が出るということだけで、他には共通点はありません。
 タバコとは異なり『火を使わない』『ニコチンを含まない』『タールを含まない』『食品添加物で作られている』というVapeは、危険の無い新しい嗜好品として注目されています。

HOW TO USE

Vape(電子タバコ)の使い方

 Vape(電子タバコ)の使い方は簡単です。リキッド・フレーバーをタンクに入れて、スイッチを押しながら吸い口から吸い込むだけで、様々な香りを楽しめます。
 バッテリーの充電はUSBケーブルで充電できる機種と、充電池で充電する機種の2通りがあります。使わない時は電源を切ることも出来るので、カバンの中などでスイッチが入ってしまうこともありません。

 Vape(電子タバコ)からは煙が出ますが、タバコの煙とは異なり、視覚的に楽しむだけの水蒸気です。フレーバーの香りはついていますが、吸う人間も、側で煙を吸う人間にも害がありません。特にSteam Dream Vaporsで取り扱っているフレーバー・リキッドは、Vape先進国である米国の厳しい基準をクリアした商品です。食品添加物以外のものは含まれていませんので、安心してご利用いただけます。


禁煙・分煙としての使い方

 最初にお伝えしたいのは、Vape(電子タバコ)を使って禁煙をするのは決して簡単ではないということです。日本で販売されるフレーバー・リキッドにはニコチンが含まれていません。そのため、タバコの代わりにVape(電子タバコ)を吸っても、禁煙のイライラはあまり解消されません。
 海外ではニコチン入りのリキッド・フレーバーがあり、徐々にニコチン濃度を下げていくことで、禁煙につなげています。日本ではそのやりかたをすることはできませんので、禁煙のために活用することは難しくなっています。
 一方で、減煙には向いています。つい口寂しさにタバコを咥えてしまう方も多いと思いますが、そこはVape(電子タバコ)で代用できます。タバコと同じように、日常から離れて、煙を楽しみながらリラックスした時間を過ごすことができます。どうしてもタバコを吸いたいときだけタバコ、それ以外の時はVape(電子タバコ)を吸うようにすれば、タバコの本数は減らすことができます。   

Vapeとして楽しむ使い方

 Vape(電子タバコ)は、タバコの代用品ではありません。タバコに似せた味わいのリキッド・フレーバーも存在しますが、種類としては少数派で、デザート系やフルーツ系といった香りを楽しむリキッド・フレーバーの方がが多く存在します。
 そんな様々な香りや味を楽しむことことそがVape(電子タバコ)の醍醐味です。リキッドはカロリーもなく、健康に悪い物質も入っていませんので、スイーツや間食の代わりに楽しんで、ダイエットに活用する方もいるようです。
 ぜひ、あなたなりのVpae(電子タバコ)の楽しみ方を見つけてください。